sol. 2号室.

中国ドラマの感想を主に書いていきたいと思います。 1号室もあります。 https://ichi-110219.hatenablog.com/

ラブ・トラップ......2019

f:id:ichi_110219:20220814223347j:image

HIStoryの3作目

 

ヤクザと警官 です。

 

4年前の事件の真相を追う刑事。

モン・シャオフェイ。

 

彼が、犯人と疑っているのは、

ヤクザのトップ、タン・イー。

 

1話、2話、までは、

この二人のいがみ合うやりとりが

なかなか、見る気がせず。

タン・イーのキメキメのイケメンにも

ちょっと、受け入れできずー。

 

が、です。

3話目から、面白くなってきました。

 

主役おふたりのお顔も

かっこよく見えてきました!!

 

話の中心の、4年前の事件。

殺人犯は、だれか?

タン・イーの生い立ち。

 

が、うまくいろいろとつながっていきます。

 

刑事のフェイ

ヤクザのタン・イー

の後輩、付き人が、サブラブライン。

この二人が、かわいい。

とくに、刑事の子の純粋な感じが!

ほほがちょいふわっとしてて

少し背が低くくてー、目がくりくり。

ぬいぐるみ的、かなぁーー、

私だって、ぎゅーしたくなるわーの、

かわいさでした。

 

 

俄然、話が盛り上がってきて、、、、

おもしろーーい!!

 

 

 

 

が、ですー。

あ!

もしや、これって、死人出る話?

と、予感がーー。

ヤクザと刑事、麻薬、ですからー。

ヤバいなぁー、と、

ちょい自分、覚悟。

 

 

あああああーー、

やっぱり、撃たれたーーーー!

けど、不死身でした、刑事フェイ。

えらいよ、フェイ!

 

 

俳優さんたち、

猿顔が多くて、好きでしたーー。

 

 

 

このシリーズ。

HIStory

たしかにおもしろいのですが、

ラストの落としどころが、

スッキリしないのが、

残念かなーー。

 

 

 

 

 

この話も、

ほぼ、ハッピーエンドなんだけど、

タン・イーが刑務所に入るとこで、エンド。

振り返る、いい顔の、タン・イー。

 

たしかに、カッコよかった!!!

 

ロングジャケットも素敵でした。

 

 

 

なのですがーー。

 

まぁ、

タン・イーは、ヤクザなので、

悪いこともしてきたでしょう。

刑務所に入って、罪を償い、

真っ白になって、

刑事のフェイのところへ戻り

二人スタート。

 

ってことでしょうがーーー。

 

でもなーー。

なんか、ねーーー。

刑務所に入るとこで、エンドって、

なーんかなーー。

 

 

なので、

おおむね、

おもしろかったです。

 

 

 

 

てか、

実は 邦画を見てたのですが、

あまりの、、、、でリタイアしたのでー

それに比べればーー、

おもしろい!!です!!

ハオ!

 

邦画。

イケメンふたりと旬の実力派俳優投入、したのに?

みたいなーー。

もう、なんだよ、でした。

 

 

 

ま、そんな感じです。

 

 

 

 

♯アジアドラマ

♯中国ドラマ

♯台湾ドラマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、この作品は、

キスは多めー、かな、と思いました。

 

と、ちう って音は、

別に、そんなには、、、いりませんけど?

って、私は、思いましたけどーー。

 

 

 

 

 

 

 

このお話は、

いわゆるBLですー。

 

この火と油、対極にある、

刑事とヤクザのラブストーリーです。

 

ヤクザのタン・イーは、

育ての親を殺され、犯人に制裁、復讐を、

と燃えていました。

しかし、

その復讐とは、犯人を殺すこと、です。

 

それを止めることができる、できた、のは

タン・イーが、

ココロを許した、愛する 刑事 フェイ 

なのです。

 

 

このあたりが、

作品をグッと上げるストーリーなのですねー。

 

 

ここが、

このシリーズの人気かと思いますー。

 

 

 

 

刑事 フェイ は、

刑事らしくするために、

ラフな感じでー、

イケメンを封印していましたが、

チラッ、チラッと、

彼は、イケメンなんだねー、と

バレるシーンがあり、

そーゆーところを見つけては、

ニヤリとしていた私ですーー。

 

 

逆に

ヤクザ タン・イー は、

キメキメにしていましたがー、

本当は、もう少し崩したほうが

カッコいー、というのも

チラっ、チラっ、とバレるところがあり、

ニヤリとしていた私です。

 

 

 

作品のキャラ設定、

かなり、キチンとされている、という

ところも、おもしろいところかな、

と、思いますー。